検査技師の教科書、売るならいつ?どこ?手放すor残す、見極めポイントも

未分類

臨床検査技師の教科書、どうしていますか?「なんとなくしまってあるけど担当分野以外は卒業以来開いたこともない!」という人も多いのでは。あるいは、合格通知を受け取って、「さて全部手放そう!これ売れるの?」と検索してきた人もいるかもしれません。

検査技師の教科書が売れる店はどこか知っていますか?いつ、どこに売るのがよいのでしょう?

教科書、使っていますか?

学生時代は、苦楽を共に過ごしてきた空色のあいつや、真っ赤なあいつ。表紙の写真を見ただけでブルーな気分になってきたあの本。さて、卒業後、現場で開いていますか?

臨床現場や企業勤務の検査技師に聞くと、配属された直後や、新部門に移って原理を確認する時試験を受ける時に少し開いた、という声はあるものの、日常的に毎日開いているという人には、会ったことがありません。「たまーに使った」が多数派で、むしろ、「どれも全く開いたことがない」、「実家で眠っているが、何ら困らない」、「ソッコー捨てたが何も支障がない」という人も多いです。もちろん、毎日使っている人がいないとは言えません、会ったことがないだけかもしれませんので…。

臨床での実践となると、検査技師は機器操作やメンテナンス手順、患者対応、院内・センターのルール把握など、各現場特有の知識をインプットして応用していくことが求められます。 教科書知識というよりは、 職場それぞれの知識が実務での行動決定につながっていることがほとんどです。

資格を取得している以上、教科書の知識を一通り知っているという前提は必要ですが、いざ現場で働くのに教科書が絶対必要かというと、必ずしもそうとは限りません。

手放す教科書、残す教科書

手放していい教科書、残す教科書のジャッジですが、物への考え方今後関わる可能性のある分野か、の2点で決定すると良いかと思います。

あなたの物に対する考え方を見出しやすい質問を1つ。

「使わない物がスペースを占有することは、問題。この先、手放したことで困ったら関連書籍や中古教科書を買い直すか、借りればいい」と思えますか?

「もちろん!お部屋は広く使いたいし、今使わないものはいらない。」と思った人は、今の担当分野(新卒なら配属決定分野)で使う内容以外は、手放しても後悔しないでしょう。

実際にいくつかの部門の仕事をしましたが、私にとっては教科書より 写真や図が多い 分野ごとの専門書の方がわかりやすく、新しいものを買い直すことが多かったです。

「うーん、いらないものは持ちたくないけど、使うかもしれないものを手放してしまって、買い直すのは嫌。」という人は、使う教科書、使わない教科書を地道に絞っていきましょう

まず、今の部署、移動の可能性のある部署、受ける可能性のある資格で、教科書を使う可能性があるかを先輩にリサーチ。残す方がある程度決まりますね。

あとは、実際に手にとって、読み物として気に入っている分野、知識として手元に置いておきたい分野があれば残留。残りを見渡して、転職を頭のどこかで迷っている人は、今後絶対選ばない分野、選べない分野は、まずさようならで大丈夫でしょう。当面今の職場にいるつもりという人は、しないであろう転職のことまで考える必要はないかと。

病院・検査センターなど、職場にもよりますが、病理だけは別枠採用、細菌検査室はありません、この分野は外注、というように今後の可能性が読めるところも多いですね。

「手放さなきゃよかった、お前のせいだ!」というクレームは受けかねますので、最終的には、ご自身で判断してくださいね。

検査技師の教科書、どこで売れる?【体験談】

検査技師の教科書は、どこで売れるのでしょうか。少し前の話になりますが、実際の体験談を。

本を売る、ということでまず思いつくのが店舗型中古書店。ブックオフなどですね。 査定を試みた当時、教科書は「発行年度」からすると2桁に達する年数が経っていました。 (学部卒時点で教科書は4年経過していますからね…)

買い取り査定に持ち込んでみましたが、「これらの教科書は、買い取り対象外」と言われ、玉砕。 ※発行年度や、持ち込む教科書の種類、店舗によっては買い取り対象の可能性もあります。

そこでネットで調べたところ、専門書のネット買い取りがあることがわかりました。その名も専門書アカデミー。「医学書」が対象になっているので、いけそうな空気。

送料無料で高価買い取りなら、かなり魅力的ですが…話がうますぎて、ちょっと心配。高価買取の理由は、店舗を持たずにamazonで出品することで、コストを抑えているため、なようです。

一応確認すると、専門書アカデミーの運営は、ブックスドリームという会社。実際にamazonで販売されている教科書や専門書があるか確認しましたが、検査技師の関連図書や教科書も、出品しているのが確認できました。

特にあやしい会社ではないようですし、査定に出してみることにしました。あげるような相手もいないし、送料は無料なので、価値0でもあきらめがつくし、という気持ちで挑戦。

ちなみに、支払方法が選べるのも、出してみようと思えたポイントです。私は、amazonをよく利用するので、いちいちATMに行ったり、ネットバンクにログインせずに使えるamazonポイントは魅力的でした。

うまいこと書籍業界のレールにのせられている感もしますが、amazonの商品は本以外にも食品や雑貨、家具もありますしね。

教科書に値段がつかなかった場合の心のダメージも考えて、実店舗型中古書店で査定した上で、ある程度値段がつくことがわかっている専門書も何冊か同封。下の図で「カンタン3ステップ」と掲載されていた通り、家から発送、手間なしでした。

気になる査定結果は…教科書は残念、値段がつきませんでした。やはりあまりに年数が経過したものはアウトなのですね。年数が新しめな専門書については、中古購入したものも混ざっていましたが、実店舗よりも高額に査定されていました。

最も高い値段がついた専門書で538円。安かったもので3円。実店舗では、1円、かなり状態の良いものでも100円程度の査定だったことを踏まえると、かなりの健闘です。 査定された料金は、同意後、すみやかに決済され、対応全体的に不安要素は、まったくありませんでした。

結論:どうせ使わない分野なら、値段がつくうちに早く売ればよかった

専門書にきちんと値段がついていたので、教科書も発行年度が新しくて在庫量にも問題がなければ値段がついたのだろうと思います。教科書も、値段がつくうちに売ればよかったと思いました。

新しい方がいい…売り時は来年やいつか、じゃなく今!

当然ながら、新しい版は高く買い取りされ、古い版は値段が下がります。私のように、ある程度年数が経過してしまうと値段がつかなくなります。

もし、「一生涯、絶対この分野だけは担当しないぞ!」というトラウマ分野があって、配属の可能性も0なら、新卒でソッコーおさらばでいいかも、と思いました。

多くの人が利用することで、amazonが書庫のような感じになると便利ですね。必要な時に実売価格より安い値段で買って、いらなくなったら売って…と。

ちなみに私は、医療以外の分野の知識が欲しい時、土台をつくるためにあえて旧版の専門書を購入することがあります。お勉強好きな人や、本当は学びたかった未練分野がある方は参考にどうぞ。

ちょっと脱線しましたが、少しでも値段をつけて手放したいなら、売り時は来年、来月ではなく、今です。

教科書以外の専門書も買い取対象

教科書以外の専門書も、いらない本があれば一緒に査定してもらえます。

教科書、検査系の専門書の他にも、医療に関係ないパソコンの資格本なども一緒に送り、まとめて処分しました。趣味の資格本などを持て余している人は、まとめて送るのもいいかもしれません。

手放して、前へ

いらないもの、使わないものなら、手放して大丈夫です。いるものは、じっくり自分で考えてくださいね。

身軽になって、前に進みましょう。

おまけ 踏ん切りがつかない方におすすめの本 

踏ん切りがつかない方に。知っている人、読んだ人も多そうですが、アメリカでもこんまりブームを起こした有名な本。どちらかと言うと、ためこみ気質寄りな私も、時々読んで片づけの気分を上げています。

片づけの魔法

最後に、利用した専門書アカデミーのリンクです。