検査技師、職場の人間関係が辛い!疲れた!メンタルを保つヒントを探す本

お悩み

毎日のように顔を合わせる同僚、先輩や後輩とはうまくやりたいものですね。だけど何だかしんどい、どうしよう…。そんな時は「検査技師」という概念から少し離れて、様々なジャンルの本で人間関係・心理的なところを学んでみるのはいかがでしょう。一見関係なさそうな本でも、日常への大きなヒントがあるかもしれません。

検査技師が職場の人間関係に悩んだら読みたい本|自分の思考を変える本

思考を変える①人間関係をしなやかにするたったひとつのルール はじめての選択理論

「えっ、変えるの、相手じゃなくて自分?」とがっかりしたかもしれませんが…いいオトナである相手を別人のように変えることは、まず不可能。

ただし、相手との関わりを変化させられる可能性はあります!「自分の思考を変える」ということが、実は相手との関係を変える一歩。

どういうこと?思ったあなたにとって、自分を知り、職場だけでなく様々な人間関係に活かす助けになるかもしれない一冊です。

思考を変える②人間関係で「うまくやる人」と「つらい人」の習慣

特定の人というわけではなく、人間関係自体に苦手意識をもっている方なら、この本もおすすめです。イラストと解説で見やすく、「うまくやる人」と「つらい人」の違いがわかります。実践的な方法やアドバイスがわかって、参考になることでしょう。

思考を変える③ストレスを操るメンタル強化術

ストレスを意識的にコントロールしたい、自身のメンタル自体を強くしたいあなたには、「ストレスを操るメンタル強化術」がおすすめです。著者のメンタリストDaiGoさんはテレビなどで見かけて知っている方も多いのでは。

ふわっとした「大丈夫」的な癒し本でなく、論理的な読み応え、戦略的な対処を求める人に向いていますね。 「マインドセット」などの、カタカナ語表現多めです。女性でも男性脳寄りの人や、男性が合いそうな感じの本です。

思考を変える④超ストレス解消法

とにかくストレスフル、「今、目の前のストレスを解消する具体的な方法を、たくさん教えてくれー!」というあなたにおすすめの一冊。

「科学的根拠って知りたいけど、研究者の文章は読むの疲れちゃう。」という方もいますね。サイエンスライターという、文章を書く仕事の著者が、科学論文を元に書いた本なので、読みやすくまとまっています。

検査技師が職場の人間関係に悩んだら読みたい本|相手への対応に役立つ本

相手への対応に役立つ①嫌われずに人を動かす すごい叱り方

いろいろやらかしちゃうけれど、メンタルがtheイマドキの若者な後輩ができた時、昇進して立場あるポジションについた時、叱ることの難しさで心が疲れることもありますね。

「マイナスな事項を伝えないわけにはいかない、でもできれば穏便に…。はあ、なんて難しいの!」そんなあなたには、この本がおすすめです。

相手への対応に役立つ②ほめられると伸びる男×ねぎらわれるとやる気が出る女

こちらは上の立場にいる方向きです。男女の違いという観点で、言葉かけ、対応のヒントが得られます。

ちょっと観点がずれますが、男女関係のアドバイスで、女性向けに「男性を落とす、さしすせそ」という言葉がありますね。男性に聞くと、「そりゃ、褒められて悪い気はしない!(嬉しいに決まってる)」。男性向けには「女性は話を聞いてほしい、意見は飲み込み同意のあいづちを。」という言葉があります。女性に聞くと、「その通り、欲しいのはアドバイスなんかじゃなく共感!」。

このような男女の心理的な違いは、仕事の面でも、一緒なんですね。把握した上で対応すると、コミュニケーションが円滑になるかもしれません。

相手への対応に役立つ③職場にいるメンタル疾患者・発達障害者と上手に付き合う方法

キレやすい上司や、指示がコロコロ変わる先輩、言葉の裏の意味をくみ取ってくれない後輩に悩んでいませんか。もしかしたら、相手は傷つけようと言う悪意はなくて、グレーゾーン傾向がある方なのかも。

決めつけるのはよくありませんし、紹介するか迷いましたが…これまでを思い返すと、多少そういう面のある人ってけっこういたな、と感じるかもしれません。特性や、己を守る対処を知っておくと、自分も相手も楽になるかもしれません。「私を追い詰めたいのでなく、パニックなのかな。」と想像すると、受け止め方が変わります。言葉かけを変えたり、相手に伝わりやすい方法を考えたりできます。

ただし、本人から深く相談を受けているわけでない限り、相手や周囲に疾患名を憶測で語るようなことは慎みましょう。あくまで自分の知識としておさめましょう。逆に、読んでみたら自分自身に傾向を感じることがあるかもしれません。その場合は、今後に向けた対策ができますね。

相手への対応に役立つ④究極の人間関係改善術「苦手な人」を最強の味方に変える方法

この本では性格応用心理学の「エニアグラム」を使って9タイプに分類、どんなタイプの人にはどんな対処がいいか解説されています。

全ての人が「タイプ例そのまんま!」というわけではないので、組み合わせての応用も必要かと思いますが、 タイプ分析って、おもしろいですよね。 血液型占いや 動物占いに通じる感覚がします。やイラストや表で見やすく、具体例もあります。さくっと読めて日常に活かしやすい一冊です。

検査技師が職場の人間関係に悩んだら読みたい本|営業職に学ぶ本

営業職に学ぶ①これならできる!世界一やさしい心理操作テクニック図鑑

営業系の心理テクニックの中には、参考になる知識があります。もちろん、オフィスサラリーマン向けなので、検査技師業務では、直接例のように使えない内容は多いですが、使えるヒントが隠れています。

「図鑑」とタイトルにあるように、ほぼイラスト。文字を読むのがあまり好きじゃない方もパラパラ気軽にめくれます。

営業職に学ぶ②まず、この質問で雑談はうまくいく

休憩時間や朝夕、雑談でコミュニケーションがとれていると、業務中のやりとりにも影響してきます。

下の立場なら、同じ失敗をしても上司や先輩の指摘の仕方がやわらぐでしょう。中間職や管理職の立場なら、マイナスな指摘でも「この人を困らせちゃいけないな。自分のために言ってくれたんだな。」という気持ちで訊いてもらえるでしょう。

でも話下手で…という方、お笑い芸人のようにトークする必要なんてないのです。あがり症だったのにセールスのプロになったこの本の筆者から「質問」による雑談コミュニケーションを学んでみましょう。

検査技師の世界以外にもヒントはたくさん

「検査技師」「病院」などの概念から少し離れて様々なジャンルの本をご紹介しました。紹介した以外にも、ためになる本はたくさんありますよ。辛さを感じるのが、直接的な業務よりも人間関係の部分の場合は、視点を広げて他の世界の手法、考え方にもヒントがたくさんあります。

あなたにとって、職場の人間関係疲れを和らげるのに役立つヒントが見つかりますように。